糖質制限ダイエット中も食べていい食品「豆腐」について

ブログ

ダイエットをしたいと考える多くの人が、一度はチャレンジすることを考える糖質制限ダイエット。実際に糖質制限ダイエットを行っている人にとって、外食をするときにどのメニューなら注文してもいいのかは、絶対に押さえておきたい情報です。カロリーダイエットとの違いや糖質制限とはどのようなものなのか、また糖質制限ダイエットをする際に注意が必要なことなどについて紹介します。ぜひお店のメニューに生かしてください!

糖質制限について

カロリーを減らして行うダイエットがカロリーダイエットです。対して糖質制限とはカロリーを減らすのではなく、糖質の多い食品を制限することです。糖質は、たとえばご飯やパンといった穀類である主食に多く含まれます。

糖質制限ダイエット

糖質の多いメニューを減らそうとすると、自然に主食を減らすこととなります。これが糖質制限ダイエットと呼ばれるものです。糖質制限ダイエットは、糖質の多い穀類や芋類を減らすだけなので無理して食事を抜く必要がありません。また、お肉類も食べられることから、無理が少ないダイエット方法として知られています。

糖質制限ダイエットのメリット

ダイエットはやめどきが難しいものですが、糖質制限ダイエットであれば、主食抜きの生活を週二回だけ続ける、白米を雑穀米に変更するなど、ダイエットをやめた後も習慣を作りやすく、そのためリバウンドしにくいというメリットがあります。無理なく続けられるということで、多くの人がチャレンジするダイエット方法です。

糖質制限ダイエットで気をつけたいこと

糖質制限ダイエットで、主食となる穀類を減らす際には、必要な栄養素を他から摂取することを考える必要があります。

食物繊維の摂取

主食であるパンや米などの糖質は食物繊維が豊富です。そのため糖質制限ダイエットを行う際は特に食物繊維が不足しやすくなる傾向があります。緑黄色野菜、きのこ、海藻類など食物繊維を多く含んでいる食材で賄うことが必要です。また昼食はおかずだけ食べるようにするなど、一日のトータルバランスで考えると良いでしょう。

たんぱく質・脂質の摂取

糖質を減らすと摂取カロリーも大きく減ってしまうため、三大栄養素の他2つ(たんぱく質、脂質)で補う必要があります。たんぱく質は、肉、魚、大豆などに、脂質はバター、ごま油などに含まれます。

糖質制限ダイエット中に適している食品、豆腐

豆腐の二大要素はたんぱく質と脂質です。美容、長寿、健康食、「機能性食品」としての注目が高まっています。糖質制限ダイエットを行う人にとってメリットの多い食品であると言えます。

豆腐のメリット1:満腹度

豆腐は水分が多く含まれることから、満腹度を得られやすい食材です。糖質、カロリーが低く、さらにレシチンと言われる大豆に含まれる成分は、血液中のコレステロールを溶かす働きがあります。この働きによって脂肪代謝機能が期待できるとされています。豆腐は糖質制限ダイエットに必要不可欠な食材として知られます。

豆腐のメリット2:カルシウム

カルシウムは、不足すると神経過敏になるとされています。豆腐にはカルシウムもしっかり含まれているため、ダイエット中のイライラや不安な精神を安定させる働きも期待できます。

豆腐のメリット3:ビタミン

ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2を含む豆腐は、血行をよくし、美肌作りに欠かせない成分も含んでいます。ビタミンEには抗酸化作用があり、くすみやくまを予防します。ビタミンBには血行をよくしたり、肌荒れを改善したりする効果が見込めます。ダイエット中であっても美肌を保つことができるのはうれしい働きです。

糖質制限ダイエットはバランスが大切

糖質制限ダイエットでは、単に毎回の食事で主食を抜くのではなく、全体のバランスをうまく調節しながら、主食を抜いたり、減らしたりしてすすめることが大切です。また主食以外の食材で足りない栄養素を補うことも忘れてはいけません。糖質が低く、満腹感を得られる栄養素豊富な豆腐は糖質制限ダイエットにおいて重要な役割を果たすと言えるでしょう。そんなお客様が来店した際にも、ご案内できるメニューがあれば強みになるかもしれません。

 

参考:
結局どっちがやせるの?「カロリー制限VS糖質制限」ダイエット |株式会社 小学館 cancan.jp
豆腐の栄養と健康|一般財団法人 全国豆腐連合会
「追跡!糖質制限ダイエットの落とし穴 」|NHK ガッテン!