飲食店がダイエット食材の豆腐を使うと良い理由!

ブログ

ダイエットや美の食材として豆腐が注目されている理由は何なのでしょうか。また、そのように注目される豆腐を飲食店のメニューで扱うことによって、店の繁盛につながるのでしょうか。そのメリットについてご紹介したいと思います。

注目の食材「豆腐」について

ダイエットしたいと考える多くの人は、健康的に栄養を摂取しながらダイエットを成功させたいと考えています。例えば肉という食材を考えると、肉からたんぱく質を摂取することができます。しかし同時に脂質をも摂取してしまうためダイエットをする人からは好まれません。一方、豆腐はたんぱく質が豊富でありながら植物性なので低カロリーです。糖質も低いことからダイエットをする人に喜ばれています。さらに、水分が豊富なため満腹感を得やすい特徴があります。このようなダイエットに役立つという特徴以外にも、豆腐にはさまざまなメリットがあります。

ダイエットにいい豆腐に含まれる成分

豆腐に多く含まれるたんぱく質は血中のコレステロールを低下させる効果があります。さらに豆腐に多く含まれるレシチン、ベータコングリシニンは血流の流れを良くし、脂肪代謝にいいとされています。

女性にうれしい効果が期待できる豆腐の成分

多くの人がすでに知っているように、豆腐にはイソフラボンが含まれています。イソフラボンは細胞にダメージを与えるといわれる「活性酸素」の働きを抑制してくれる効果があります。そのためイソフラボンを含んだ化粧水が扱われるほど女性にとって身近でうれしい成分です。またイソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」とよく似た働きをすることで知られ、不足を補ってくれるので若い女性から更年期を迎えた女性に喜ばれています。

さらに、豆腐に含まれるビタミン類は美肌に効果があると言われています。女性が高い関心をもつ「美」と「ダイエット」、二つの強みを兼ね備えている、優秀な食材と言えるでしょう。

豆腐を飲食店で扱うメリットについて

近ごろは数多くのレストランや居酒屋などの飲食店が登場し、どこもお客様の取り合いです。どのようなターゲット層をねらい、どのようなサービスをつくるのか、飲食店にとって一番の要とも言えるのが「ブランディング」です。そこで、一体どのようにして豆腐を飲食店の運営に利用することができるのかについて考えてみます。

 

認知度の高さ

すでに多くの人は豆腐=美 豆腐=健康、ダイエット食という認識をもっていることから、豆腐を扱ったメニューでイメージチェンジ、またイメージアップを容易にすることができます。

ターゲットを広げる役割

これまで年配の男性層が多い店に、美を連想させるようなキャッチコピーをつけ、豆腐を使った健康食メニューを追加するだけで、健康や美容に興味のある女性など、これまでと違った客層の獲得につなげることが可能です。昼のランチ時など、サラリーマンだけでなく多くの女性に訪れてもらうことができれば、店の売り上げを飛躍的に伸ばすことにもつなげられます。

節約食材として

豆腐のメリットは人の体にいい影響を及ぼすだけではありません。豆腐を作る過程で残った搾りかすの部分(おから)を使って料理をすることも可能です。無駄なく調理ができる豆腐は始末の精神にも通じる、究極の節約メニューとなり得ます。

まとめ

豆腐にはさまざまな効果が期待できます。まずは豆腐の効果を正しく広く知ってもらうことが第一歩ですが、すでに多くの人がもっている豆腐への知見や認知をうまく利用することも可能です。飲食店は豆腐を使った新メニューを展開するなどして客層を広げ、来客を増やしていくことができるのではないでしょうか。

 

参考: