近年注目を集めているQRコード決済とは?仕組みやお店が導入するメリットなどを解説!

ブログ

近年、クレジットカード決済や電子マネー決済など、キャッシュレス決済が注目を集めています。「QRコード決済」もそのひとつです。QRコード決済はスマートフォンさえあれば支払いができ、大手企業による大々的なキャンペーンも相まって徐々に利用者が増えています。そのためお店として「対応できるようにしたほうが良いのかな」と考えているところも多いのではないでしょうか。今回はそんなQRコード決済について解説します。QRコードとはどういったものか、導入するとどういったメリットがあるのかなどをご紹介しましょう。

QRコードとは?

まず、そもそもQRコードとは何なのかについて解説しましょう。例えば広告に「こちらのサイトへアクセス」と書かれた文章と共に会社のHPやキャンペーンサイトへつながるURLが載っていることがよくあります。そしてそこに、四角い形の模様のようなものが描かれているのを見かけたことはないでしょうか。その四角い形の模様がQRコードです。

情報を格納するコード

QRコードは別名「2次元コード」とも呼ばれます。実はQRコードは、いわゆる「バーコード」を進化させたものなのです。バーコードは一見同じように見える線の羅列ですが、専用の機械を用いることにより中の情報を読み取ることが可能です。スーパーやコンビニで、誰しも一度は見たことがあるでしょう。レジで店員さんが商品のバーコードを読み込むと、商品名と値段が表示されます。QRコードも同じようなものだと考えてください。

バーコードより多くの情報を格納できる

実はバーコードに格納できる情報は、その枚数によるため限界があります。つまり商品名や値段がバーコードに格納されているのではなく、商品に割り当てた個別の番号を読み取っているに過ぎません。レジで表示されていたのは、個別の番号とひもづけられた端末内の情報だったというわけです。社会の情報化が進むと共に、「より多くの情報」が格納できるコードが求められるようになりました。そこで開発されたのがQRコードです。バーコードより数十倍から数百倍の情報が格納できるだけでなく、速く正確に読み取れるのが特長です。しかも専用のアプリを使えば、スマホから読み取ることもできます。そのため例えばURL情報を格納し、スマホからウェブサイトへ簡単にアクセスできるようにするといった使われ方をしています。「QRコード決済」もそのひとつです。

QRコード決済の仕組み

次に、QRコード決済の仕組みについて解説しましょう。といっても仕組みは簡単で、QRコードにひもづけられたユーザーのクレジットカード情報や銀行口座情報を元に、インターネット経由で決済が行われるだけです。つまり、クレジットカード情報ならカードを提示しているのと変わりません。QRコード決済ではあらかじめユーザーが専用のアプリをダウンロードし、クレジットカード情報や銀行口座情報とひもづけておく必要があります。

ふたつのパターンの決済方法

決済方法としては、大きくふたつのパターンがあります。ひとつは「お店が提示したQRコードをユーザーがアプリで読み取る」パターン。そしてもうひとつが「ユーザーがアプリで提示したQRコードをお店が読み取る」パターンです。ただ、どちらも仕組みは変わりません。どちらかだけを採用するのか、どちらも採用するのか、お店の都合やユーザーの使い勝手などで決めるとよいでしょう。

QRコード決済のメリット

それでは、このようなQRコード決済をお店が導入するメリットをご紹介しましょう。メリットとしては以下が挙げられます。

  • 集客効果

QRコード決済もできるということは、ユーザーの選択肢が増えるということです。また近年、ポイントをためて支払いに使えるという仕組みを導入している企業も多いと思いますが、QRコード決済はこちらにも対応しています。昨今は、キャッシュレス派の人や海外からの訪日観光客が増えています。ユーザーとしてはわざわざ現金やカードを持ち歩かなくても良いので、便利さから集客効果が期待できます。さらにQRコード決済の場合、カードを直接提示する必要がなく、重要なデータはアプリ内で暗号化されたうえで決済されるので、お店側の端末に情報が残りません。安全性の高い決済方法ですから、その点を重視するユーザーにもうれしいシステムです。

  • リピーターの囲い込み

お店専用のポイントシステムは、そもそもリピーターの囲い込みに利用されていました。何度も利用するお店だからこそ、会計はスマートに済ませたいと思うものです。中にはSNSとつながっているQRコード決済もあり、その場合はSNSを通じてユーザーにメッセージの送信やクーポンの配布なども可能です。QRコード決済を導入すれば集客はもちろん、リピーターの囲い込みにもつながります。

  • 手間が減る

キャッシュレス決済に共通していえることですが、現金での精算に比べると店員さんの手間が減り、計算間違いなどのミスもなくなります。またデータでの会計履歴は、リアルタイムで売り上げ情報として記録されるので、月末の事務作業の負担も軽くなるはずです。店員さんの手間が減るということは、お店のコスト削減にもなります。

まとめ

QRコード決済はユーザーにとっても、現金やカードを持ち歩かなくてもいいことやポイント付与やクーポンの獲得といった特典があることなど、メリットが多くあります。中には事前にお店の情報を調べ、QRコード決済ができないお店は利用しないといったユーザーも存在するでしょう。お店側としては、できるだけ選択肢を増やすことがユーザー獲得につながります。時代に取り残されないためにも、ぜひQRコード決済の導入を検討してみてはいかがでしょうか。


参考: