飲食店経営の悩み「シフトの管理」の問題点と解決策

ブログ

飲食店の経営者にとって大きな悩みのひとつとなっているのが「シフトの管理業務」です。シフト表は限られた時間内に出さなければならないうえに、スタッフ一人ひとりの希望や能力を考慮して組まなければなりません。何とか完成させても、スタッフの希望が通っていないなら不満が出ます。また、現場の人数が足りていないなら、お客様へのサービス低下は免れません。適切なシフト管理が行なえていない場合、経営状況にも悪影響を及ぼします。今回はそんなシフト管理業務について、シフト管理の重要性と抱えがちな問題点とその解決策をご紹介しましょう。

シフト管理の重要性

まずは、シフト管理の重要性について再認識しておきましょう。シフト管理が適切に行なえていないと、以下のような悪影響が懸念されます。

スタッフの不満がつのる

例えばスタッフの人数が足りていない場合を考えてみましょう。人数が足りていなくても、訪れるお客様の数は変わりません。つまり、出勤しているスタッフにしわ寄せがいき、負担が増えるということです。特にアルバイトは1人当たりの仕事量が「割に合わない」と思えば辞めてしまう人も多いでしょう。そうなればさらに人手が不足するだけでなく、「ブラックバイト」として噂が広がり、印象の悪い店で働く正社員のモチベーション低下にもつながるかもしれません。

サービスの品質低下

人数不足の現場では、スタッフの対応の丁寧さが失われたり、提供スピードが遅れることも多いもの。お客様が満足いくサービスを得られない場合、どんどん客足が遠のいていくでしょう。また、リピーターが減れば当然売り上げも落ち、会社の利益に影響します。

多すぎると無駄に

飲食店は基本的に、日にちや時間によって忙しさが変わります。したがって、シフト管理に失敗すると「必要以上にスタッフが多く入ってしまう」ということもあり得るでしょう。スタッフとしては楽かもしれませんが、これではお店として採算が取れません。

悪循環に陥る

人手不足から残っている人への負担が増し、さらに辞めていく人が増える……というように、悪循環に陥ることも多いのが実状です。実際に、「スタッフの負担を軽くしようと募集しても人が集まらない」「サービスの品質を高めようとするがお金や時間に余裕がない」という現場も多いのではないでしょうか。一度悪循環に陥ると、挽回するのは困難です。改善したくてもできない状態が続き、どんどん深刻化していきます。

シフト管理の問題点

次に、シフト管理の問題点について解説しましょう。シフト管理は複雑で難しい点が多いのが特徴です。一般的にはまずスタッフに希望のシフトを聞いて、必要な人数を埋めていくという流れですが、そう単純にはいかないもの。なぜなら、スタッフ一人ひとりの「希望のシフト」「できる仕事」「相性」などが異なるからです。それらを考慮しつつ、「できるだけスタッフに不満が出ないように」「サービスの品質が落ちないように」と考えなければいけません。また、急な欠勤といったトラブル時にも対応できるよう準備していくことも必要です。人数が多ければ多いほどより複雑化していき、大変さが増します。しかも管理者はほとんどの場合、現場の作業など他の仕事の合間という「限られた時間」にシフトを作成しなければならないのです。

シフト管理問題の解決策

このようにシフト管理にはさまざまな問題があり、多くの飲食店では悩みの種となっています。もちろん解決するのは容易ではありませんが、以下のような方法で改善される可能性はあるでしょう。

スタッフの待遇改善

スタッフあっての飲食店です。スタッフの待遇が悪いお店は、やはり人が集まらなくなるもの。お客様へのサービスももちろん大事ですが、まずはお店のスタッフを第一に考えましょう。そのためには働きやすい環境を整える必要があります。具体的には、給与を高くしたり、希望を通りやすくしたり、スタッフ同士がフォローできる体制にしたりなどです。そのためには、採用人数に余裕を持たせることが重要になります。

マニュアルの作成

人の入れ替わりが激しい飲食店では、新人が入ってくることも多いもの。基本的にはOJTで覚えていきますが、やはり教育係には負担がかかるため、人手不足の中では十分な教育ができないこともあります。したがって、ある程度は自分でツールの操作方法や仕事の流れを覚えてもらえば、現場の負担は減るでしょう。それを可能にするのが「マニュアル」。マニュアルは一度作成すれば、見直しをして修正をすることができますし、何度でも使えるので便利です。

シフト管理システムの導入

人数が増えれば管理は大変になります。そのため、管理作業自体を楽にしなければいけません。そこでおすすめなのが「シフト管理システム」の導入です。シフト管理システムは、スタッフの希望や能力に応じて自動でシフトを作成してくれるツールなので、これを使えばシフト作成作業の負担が大幅に減るのは間違いありません。

限界を迎える前に解決策を

ご紹介したように、シフト管理はお店の経営を左右する重要な業務です。人口減少が進む日本社会では、飲食店の人手不足がますます深刻化していきます。問題を先延ばしにするのではなく、早急に根本的な解決策を講じなければならないでしょう。またシフト管理に加え、オペレーションの見直しも上記の問題解決に有効です。「出来立て豆腐キット」はスイッチを押すだけで簡単に作れるため、調理面でもオペレーション面でも効率化に一役買ってくれます。一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

参考: