飲食店の経営に役立つ販促アイデアとポイント

ブログ

飲食店の経営は難しいものです。実際、「満を持して飲食店をオープンしたが、数カ月経っても一向に客足が伸びない」ということも珍しくありません。原因がはっきり分かっていれば対策できますが、なぜ繁盛しないのか分からないという経営者の方も多いでしょう。もしかしたら客足が伸びない原因は「お店のアピール不足」かもしれません。今回はそんな飲食店経営に役立つ、販促アイデアを紹介しましょう。

認知度アップにも使える販促アイデア

まずは、自分の店に来てもらうために重要なことは「自分の店を知ってもらうこと」です。どんなに美味しい料理を出すお店でも、誰も知らなければ客足にはつながりません。

ではどうすれば店の認知度を上げられるのでしょうか。まずは顧客の立場になって、お店を選ぶときの「安心」「関心」基準は何かを考えましょう。ここでは、それらを提供するための販促アイデアをご紹介します。

グルメサイト

ひとつは飲食店の情報を集めた、いわゆる「グルメサイト」へ登録する方法です。基本的には掲載費用がかかりますが、それに見合うだけの効果は期待できます。多くの場合にはマップ検索機能があるので、たとえ立地が悪く店の場所がわかりにくい場合でもお客さんがお店にたどり着きやすいのが強みです。ただ、サイトによっては「口コミ形式」が採用されており、ユーザー側が自由に採点したり、感想を書き込んだりできる場合があります。そのため、評判によってはイメージ悪化を招くこともあるということは忘れてはいけません。もちろん、ユーザーの正直な感想を知ることができればお店の改善にもつながりますから、これはメリットと捉えることもできるでしょう。また、そもそも評判が良ければ、その口コミ自体が宣伝になる場合もあります。

HP・SNS

自社のHPがあれば、上記のグルメサイトからのリンクのほか、お店の存在を知っているユーザーが店名で検索してたどり着くこともあるでしょう。HP自体、存在するだけで安心感を与えます。また自社のHPなら自由に情報を掲載できるので、よりお店のことを知ってもらうためにも作っておくことをおすすめします。お店の雰囲気・料理が分かる写真があるとさらに効果的です。インパクトのあるメニューや内装で興味を引くのもひとつです。また、SNSやブログを併用すれば、タイムリーな情報を発信できますし、読者を増やせば集客にもつながります。HPにクーポン券ページを作り、お店でスマホを見せることで利用できるシステムにすれば、お得感からリピーター獲得にもつながります。

期間限定キャンペーン

期間限定メニューや期間限定サービスなどのキャンペーンを考え、SNSで発信するのも効果的です。興味を持たれやすいような特徴的なキャンペーンをSNS上で展開したり、SNSハッシュタグ機能を使って店を発信してくれたお客様には割引やプレゼントがある、というようなキャンペーンを紹介したりしましょう。期間限定キャンペーンを行うときには、行う時期や期間についても調整が必要です。

新規顧客の開拓になる販促アイデア

飲食店経営のポイントは基本的には、ターゲットを設定し、ターゲットに合ったお店にすることです。ただ、実際にやってみたものの、それだけではどうも足りない、事業を拡大するために新規顧客の開拓を考えたいといった場合に使えるアイデアをご紹介しましょう。

他店とのコラボ

近くのお店と協力してコラボメニューを作ったり、相互利用できる券を作ったりなどする方法です。協力しているお店の客層が自分のお店のターゲットと異なる場合は、新しい客層の取り込みにつながります。町内や商店街など、多数のお店が協力するとより大きな効果が期待できるでしょう。

外国人向けの施策

訪日外国人が増えている昨今。外国人観光客の取り込みも大切になってきます。メニューを多言語対応にしたり、和食要素を取り入れたりなど、観光客向けの対策をしてみてはいかがでしょうか。

リピーターを獲得するためポイント

いくらお店の認知度が向上しても、ユーザーが「また行きたい」と思わなければすぐに客足は途絶えてしまうでしょう。つまり経営は安定させるには、リピーターの獲得が必要です。

手間を惜しまないこと

リピーターの獲得は、飲食店にとって死活問題です。そこにかける時間やコストは惜しまず、大切にしていきましょう。リピーターだけの特典として、ポイントカードの導入や、クーポンを付けたDMの送付など、限定的なサービスを用意しておきましょう。

オンリーワンのお店にする

「味は普通だけどコスパが最強」「少し高めだけどデートに最適」などのように、リピーターが訪れる理由は「そのお店にしかないもの」があるからです。味・量・価格・雰囲気・サービスなど、どれかひとつでも良いので、オンリーワンのポイントを作ってください。そうすれば条件にマッチしたリピーターの増加が見込めます。

常に改善・変化を意識しよう

繁盛しないお店というのは、必ず何か足りないものがあるはずです。メニューなのか、雰囲気なのか、サービスなのか、しっかりとその原因を探り、改善しなければ決して解決しないでしょう。また、飲食店は比較的飽きられやすいため、安定した経営を続けるには良い意味で変化し続ける必要があります。現状に満足せず、時代に合わせて新しい要素を取り入れる意識も忘れないようにしてください。

参考: